【知らなきゃソン!】警察に落とし物届けてきた!~手順と拾い主のメリットを紹介!~

137 0 2018/10/6

こんにちは!
典型的な日本人体型のゆっちです!

 

この前ツイッターでもつぶやいたのですが、
なんと結婚指輪を拾ってしまったのです~。
こんなこと生まれて初めて!!!

で、その指輪を警察に届けてきたのですが、
結果としてとてもカンタンだったし、
拾い主にもメリットがある
と思いました!

知っている方も多いと思いますが、
3ヶ月持ち主が現れなければ、
その落とし物はあなたのものになります!

 

貴重な経験だったので、
どんな手続きが必要だったか?
一連の流れを紹介
させてください!

 

そして何より…

あの指輪が持ち主に戻りますように!!!

ではいってみましょー!

 

買い物に行ったら指輪を拾う

森林公園駅南口駅前のウェルシアの駐車場で指輪を拾いました。

 

悪用が怖くてSNSには上げなかったけれど、
指輪の中には記念日と名前が彫ってあり、
一目で結婚指輪と分かるものでした~
※モザイクかけました

 

店員さんに託そうか…?悩んだ末にやめる

店員さんに渡すため
レジまで持っていったのですが、

  • 万一間違えて悪い人の手に渡ってしまったら悲しい
  • 警察に届けた方が持ち主が見つかる可能性が高い

という2つの理由から、
責任もって自分で警察に届けることにしました!

 

東松山警察署へひとっ走り!

そんなわけでやってきました、東松山警察署!
免許更新以外でいくのは初~。

入口はいってすぐの総合受付で
『落とし物を届けに来ました』
と伝えたらすぐに対応してもらえました!

 

書類は全て警察官が作ってくれた!実際に聞かれたことは…?

来客がほとんどいなかったというのもありますが、すぐに対応してくれました。
優しそうな30代後半(?)の婦人警官が書類を作ってくれます。

ここで驚いたのは、
自分では何一つ書く必要がなかった
ということ!

なんか、警察とか役場とか行くと
やたらと書類書かされるイメージありません?

 

だけど今日はなーんも書きません!
とりあえずしゃべればいいだけ!!

 

VIP気分を味わえます!

 

聞かれたことリスト

  1. 住所・名前
  2. 拾った場所、時間
  3. 探すのにかかった費用を請求するするか?
  4. お礼(報労金)を請求するか?
  5. 持ち主が現れなかったら、もらうか?
  6. 持ち主へ個人情報を教えてよいか?

この3.~6.の赤字の項目らへんが拾い主のメリットになってくる部分ですよね。

わたし的には急に言われて戸惑った項目でした!
どのように考えればよいか、それぞれ細かく説明しますね!

 

拾い主の権利(メリット)をどこまで主張する?

この辺の権利についても書類にしっかり記載されます

3.探すのにかかった費用を請求するするか?

上の画像内では、『費用を請求する権利』と、書かれています。

しかし、これは今回は関係ないですよ~と言われました。

なんか、賞金が出てるとかそういう場合に適用されるものなんですかね?
ちゃんと聞いてくれば良かった…。

 

4.お礼(報労金)を請求するか?

上の画像内では、『報労金を受ける権利』と、書かれています。

これはお礼が欲しいかということです、と言われたので私は必要ないですと答えました~。

次回、1000万とか拾ったら是非お礼が欲しい!と書こうかと思ってます笑

 

5.持ち主が現れなかったら、もらうか?

上の画像内では、『所有権を取得する権利』と、書かれています。

これは、もし期日(届から3ヶ月以内)までに持ち主が現れなかったら、この落とし物が欲しいか?ということです。

 

ここをどうするか一番悩んだのですが、届け人が欲しくないというと警察によって処分され、期間後に本人が来ても受け取れないという話を聞き、期限内に本人が現れなければ私が引き取ることにしました。

もし、持ち主が現れなかったら、しばらくこちらで保管して、ローカリーナを見て連絡くれた方がいたら個人的にお渡しできたらなと思ってます!

 

持ち主へ個人情報を教えてよいか?

上の画像内では、『氏名又は住所を告知することに同意』と、書かれています。

これは、落とし主がお礼の電話などしたいと申し出た時に、電話番号や名前を教えてもいいか?ということのようです。

 

それは必要ないと思ったので、私は『同意しません』を選びました。

 

書類完成!他の手続きは?

聞かれた項目はこれだけ!
別に私に関しては身分証なども見せてません。

7~8分待ったかな?と思ったら、作った書類を持ってきてくれました。

 

それがこちら。
拾得物件預り書というやつです。

 

この書類と共に以下の点について説明を受けました。

  • 持ち主が見つかったら、携帯電話へ連絡が来ること
  • 期日までに連絡がなければ、その翌日以降この紙と身分証明書を持ってくれば、落とし物をもらえること
  • 期日から3ヶ月以内に取りにこなければ、落とし物は処分されること

 

まとめ

読んでもらえばわかると思うのですが、めちゃめちゃカンタンじゃないですか?
警察署に入ってから、書類を受取って出てくるまで約15分程度だったと思います!

しかも、お店に渡すより持ち主に届く確率は上がるし、もしかしたら落とし物を貰えちゃうかもしれないんです!
いいことづくめじゃないですか?

 

そういえば、日本は落とし物が見つかる良い国だと、海外でも話題だとか!
日本人として、こういう日本の良いところをこれからも忘れずにいたいです!!!

 

現場からは以上です!

 

参考ニュース

▶ 日本の「当たり前」は世界の憧れ!? 年間の落とし物返還総額はなんと27億円
▶ 日本では落し物が戻ってくる! 「無私の精神の英雄」がいる
▶ 日本人よ、ありがとう! 日本滞在中にカバンを紛失したが「探してくれて、手元に返ってきた」

 

タグ:
カテゴリー:

こちらの記事も読まれています

この記事についているクチコミ 0件

地域施設(病院・保育園・飲食店など)のクチコミ投稿

クチコミ本文

0文字

画像をアップロード

【1枚目】
【2枚目】
【3枚目】
【4枚目】